この10年の撮影の変化

この10年間で どこの撮影現場でもほぼデジタルカメラによる撮影になりました。

デザイン事務所にDTPという言葉が使われ始め最初にパソコンを導入され始めたのは1995年くらいでしょうか。
写真業界ではデジタルカメラはありましたが、もとても高価で性能も低く仕事につかうにはあまり現実的ではありませんでした。
またパソコンも画像を処理するにはスペックが足りなくて最初に導入した(1997年)PawarMacはいまでは考えられないですが2ギガしかハードディスクの大きさがなくメモリも384メガしかありませんでした。

2002年にキャノンからようやく仕事につかえるカメラが発売され 600万画素という今考えると低スペックでしたがスタジオで簡単な商品撮影なら問題なく撮影出来ました。

それから10年 現在使っているカメラは2000万画素のカメラで パソコンもハードディスクが500ギガ以上メモリーは4ギガ以上です。

この過渡期の10年間は毎年性能があがるので、そのたびに新しい機種を入れなければならず、かなりの設備投資となってしまい ものによっては償却が終わる前に買い替えることになった機材もありました。

現在ではようやく今ある機種の性能で写真を処理するすることが十分になり償却出来るまで使えるようになりました。

その他の記事

メイクアップポートレート撮影

Category : スタジオのこと

一週間ほど前知り合いにお願いしてポートレート撮影を行いました。 今度弊社で一般の女性の方対象の、メイクアップポートレイト撮影を行うためのテスト撮影です。 メイク...

more

白いトースターの商品撮影

Category : スタジオのこと

今日は白いトースターの商品撮影の仕方を紹介します。 実はこれクレジットカードのポイントがたまったので交換しました。 BALMUDAというメーカーのトースターでふ...

more

商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

Category : スタジオのこと

表題の通り、商品に水をかけてその動きを止める撮影です。防水製品などによく使うイメージ撮影ですね。 化粧品などにも使えますが今回は防水カメラを使って撮影してみまし...

more

CDプレーヤー商品撮影(2)画像合成〜

Category : スタジオのこと

先日撮影をしたCDプレーヤーの画像合成です。前回撮影の時にお伝え致しましたが今回は各面ごと(天面 前面 前面表示版 スロット ロゴなど)分けてライティングして撮...

more

ページトップへ