ウイスキーのビンの撮影の仕方

本日はビン物の撮影方法を簡単にレクチャーしましょう。
撮影するのはMHDのGLENKINCIEです。
透明のボトルで後ろの文字が透けてしまっています。
正面真ん中には箔押しのロゴ入り。
おまけに上のキャップについている12年の赤いシールが右に曲がって付いています。
手ごわいですねぇ。

透明のビンを後ろから光を入れないと上の写真のように透明感のない写真になってしまいます。
まずは後ろからトレペ越しに光を入れてみましょう。

ウイスキーの琥珀色は表現出来ましたが、背後の文字が見事に写ってしまっています。
丸いビンにウイスキーが入っていますので、レンズ効果で必要以上に大きく写ってしまっています。
これをすべてひとつずつ画像処理で消去することも出来なくはないですが、仕上がりが平面になってしまうのととても手間がかかってしまいます。

そこでビンの側面には何も書いていないのでビンをまわして撮影してみましょう。

文字がなくなりました!
真後ろの物は大きく写りますが横についてる文字は屈折して小さくなるのです。
中心付近にある縦に入っているビンの継ぎ目は消去します。
こちらの画像を元にラベル 正面のロゴ トップを合成していきます。

まずはラベルから。

ラベルだけ撮影した画像から切り抜いて持ってきます。ライトはラベルのみきれいに出るライティングで撮影してあります。

次は中心にあるウイスキーロゴです。
色はゴールド 琥珀色のウイスキーが透過光で表現されてその上にのる形になりますので 色味の調整が非常に難しいです。薄くゴールドを表現すると背景となじんでしまうし 濃くするとスミッぽくなってしまい全体のバランスを壊してしまいます。

次はトップの部分です。
ここには12年の赤いシールがついていました。
それが背面の文字を消すためにビンを横に向けてしまいましたから両サイドにまわり黒いシルエットを作ってしまっています。
これは画像処理で消すしかありません。
消去したら トップの部分だけのライトで撮影したものを移植します。

いかがでしょうか。
良い感じに出来ました。
あとは切り抜いて全体の細かな色調整すれば完成です。

完璧です。
ご質問などがありましたらお気軽にお問い合わせください。
撮影のご依頼もどうぞお待ちしています。

そのほかの製品商品撮影に関する記事です。
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)
CDプレーヤーの商品撮影の仕方(2)画像合成
ウイスキーボトル撮影
ウイスキーのビンの撮影の仕方
白いトースターの商品撮影
スキーの板の商品撮影 物撮り
スキービンディングの撮影の仕方
スキーブーツの商品撮影の仕方( 1 )
スキーブーツの商品撮影と合成処理
自転車(ロードバイク)の商品撮影
自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(1)
スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)
商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影
紳士靴の撮影方法(1)カット¥500〜とカット¥15,000〜の商品撮影の違い
商品撮影の仕方(自転車用ライト)
商品の質感を出すという事
透明な歯ブラシの撮影の仕方(1)
透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)
大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

その他の記事

自転車(ロードバイク)の商品撮影の仕方

Category : スタジオのこと

先日の続きです。 ロードバイクのカーボンフレームの部分撮影の仕方を解説致します。 フレームの一番美しい部分で商品名が入っている所を撮影しました。 トップチューブ...

more

9月です

Category : スタジオのこと

昨日の大雨は嘘のように晴れ渡り、気持ちいい朝です。まだ蝉は鳴いていますが秋の空気が感じられます。お盆休みあけからバタバタと忙しい毎日でした。今日も大手食品メーカ...

more

この10年の撮影の変化

Category : スタジオのこと

この10年間で どこの撮影現場でもほぼデジタルカメラによる撮影になりました。 デザイン事務所にDTPという言葉が使われ始め最初にパソコンを導入され始めたのは19...

more

スポーツサングラス(眼鏡)の撮影(2)

Category : 全コメント

商品撮影の仕方 前回は撮影の準備まで説明致しました。今回は実際の撮影です。 商品はレンズの写り込みを避けるために針金の上にのせて撮影します。 背景は光が反対から...

more

ページトップへ