スキービンディングの撮影の仕方

以前スキーの板の撮影の解説を致しました。今回はスキーのビンディングの撮影解説を致します。

まずは板を固定します。手前から後ろにかけて撮影しますのでスキーの前方におもりを置いて固定します。


それでは撮影に入りましょう。回りをアトレーで囲います。このような撮影の基本です。

背景から光を入れます。シルエットになりました。板の後方の質感が出ています。素人の方は逆光というと写真がきれいに撮れないとお思いかもしれませんが商品撮影では逆光こそ質感を出したりハイライトをたてたりするのに有効なライティングはありません。いろいろな撮影の紹介をこのコラムでもしてますがほとんどの撮影で逆光ライティングを使っています。

次に左背景近くから斜めに光を入れます。ビンディングに斜めに光が当たるようにします。

このライトはハイライトを作る目的でもありますが前方ビンディングのロゴに受けて見えにくくなっています。少しライトを動かして調整しましょう。

ロゴがはっきりしてきてそれにともない後ろのビンディングの黒い部分の質感が出てきました。次はシャドー部分を明るくします。
右からライトを入れます。少し上からです。

少し明るくなりました。後ろのビンディングの立っている部分のくぼみに若干のハイライトが入りました。まだ全体にシャドウが強いように思います。イメージ撮影でしたらこれでも良いかもしれませんがもう少し追い込みましょう。カメラの上からライトを入れます。順光の光です。

いかがでしょうか。とっても良くなりました。最後にトーンカーブと彩度を調整して完成です。

その他の記事

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)

Category : スタジオのこと

CDプレーヤーを購入しました。この製品は3年前に新製品で発売する前に広告の商品撮影をしました。遅ればせながら最近買いましたので作品撮りをしてどのように撮影をする...

more

白いトースターの商品撮影

Category : スタジオのこと

今日は白いトースターの商品撮影の仕方を紹介します。 実はこれクレジットカードのポイントがたまったので交換しました。 BALMUDAというメーカーのトースターでふ...

more

透明なボトルを撮影

Category : スタジオのこと

清涼飲料水 化粧品などで透明なボトルに入っている商品はたくさんあります。それらの撮影はボトルの透明感を出さなくてはならず難易度の高い撮影のひとつです。今日はそれ...

more

私の経歴を少しお話し致します。(2)

Category : 全コメント

30歳の時(1993年〜94年)私の友人にグラフィックデザイナーがいて彼に誘われ六本木のクラブに行きそこに来る黒人たちの写真を撮影するようになりました。 ちょう...

more

ページトップへ