ステンレス製 鍋の撮影(2)

先日は鍋を斜め上から撮影しました。鍋のふたのふくらみと鍋底の丸みが一番きれいに表現出来るのでこの角度から撮影しました。持ち手の形もとっても良く表現出来ました。
今日はカメラアングルを下げて撮影をしてみましょう。

前回の撮影からライトは動かしていません。反射の角度が変わりますので微調整が必要です。鍋の側面の正面が黒く影が写っています。これは下に回したアトレーの足りていない部分です。

黒い部分が少し気になるのでアトレを動かしてぼかしましょう。

少しメリハリをつけましょう。蓋の反射と左からのライトを少し強くします。

鍋の持ち手 蓋の取ってが暗いです。ここを起こしましょう。
正面からライトを入れます。


いかがでしょうか。切り抜いてトーンの調整をして完成です。

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

その他の記事

営業方法の変化とWebによる集客

Category : スタジオのこと

弊社での撮影のお問い合わせの約70%はいつもお仕事をいただいているリピーターのお客様です。その中には毎月定期的に撮影のご依頼いただく場合もございますし 1年に1...

more

ステンレス製 鍋の撮影(3)

Category : スタジオのこと

鍋の撮影 第三弾です。 この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。 やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を...

more

昨日は1日おまかせ撮影

Category : スタジオのこと

3月3日 おまかせ商品撮影の商品が5カ所のクライアント様から届きました。そのうち2社はワンカットのみの撮影ですが、弊社ではワンカットから受け付けておりますので当...

more

透明なボトルを撮影

Category : スタジオのこと

清涼飲料水 化粧品などで透明なボトルに入っている商品はたくさんあります。それらの撮影はボトルの透明感を出さなくてはならず難易度の高い撮影のひとつです。今日はそれ...

more

ページトップへ