ステンレス製 鍋の撮影(2)

先日は鍋を斜め上から撮影しました。鍋のふたのふくらみと鍋底の丸みが一番きれいに表現出来るのでこの角度から撮影しました。持ち手の形もとっても良く表現出来ました。
今日はカメラアングルを下げて撮影をしてみましょう。

前回の撮影からライトは動かしていません。反射の角度が変わりますので微調整が必要です。鍋の側面の正面が黒く影が写っています。これは下に回したアトレーの足りていない部分です。

黒い部分が少し気になるのでアトレを動かしてぼかしましょう。

少しメリハリをつけましょう。蓋の反射と左からのライトを少し強くします。

鍋の持ち手 蓋の取ってが暗いです。ここを起こしましょう。
正面からライトを入れます。


いかがでしょうか。切り抜いてトーンの調整をして完成です。

ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(3)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

その他の記事

商品撮影の仕方(自転車用ライト)

Category : スタジオのこと

自転車用のライトを買いました。せっかく買ったので使う前に写真撮影をしてみましょう。 ハンドルに装着するタイプのライトです。スタジオにあるパイプに取り付けました。...

more

日経MJに紹介されました。

Category : スタジオのこと

今朝の日経MJに私たちのヘアメイク付き証明写真サービスを紹介してもらいました。...

more

化粧品の撮影

Category : スタジオのこと

先月化粧品の撮影を行いました。お客様立ち会いの撮影です。5商品スタジオにお持ちになり単品正面のカットを5商品。2商品並んでいるカットを1カット。どちらも切り抜き...

more

この10年の撮影の変化

Category : スタジオのこと

この10年間で どこの撮影現場でもほぼデジタルカメラによる撮影になりました。 デザイン事務所にDTPという言葉が使われ始め最初にパソコンを導入され始めたのは19...

more

ページトップへ