ステンレス製 鍋の撮影(3)

鍋の撮影 第三弾です。
この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。
やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を調整して撮影します。
それではライトをひとつずつつけて確認しながら説明しましょう。
天面からのライトです。
蓋のグラデーションと持ち手のハイライトの表現です。きれいに入りました。

左側面のライティングです。取っ手の下からうまく光が入りました。

右側面のライティングです。見ての通り持ち手は丸い棒状をして曲線を描いています。丸みを出すには棒に平行に光をあてて反射を拾うようにします。ただその時に蓋や側面にも光は回りますのでその部分も考慮しながらライトを組む事が必要です。

すべてのライトをつけてみましょう。いかがでしょうか。持ち手がものすごく立体感が出てます。鍋の蓋の表現も申し分ありません。トーンを調整して切り抜きましょう。
完成です。
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)

その他の記事

化粧品の撮影

Category : スタジオのこと

先月化粧品の撮影を行いました。お客様立ち会いの撮影です。5商品スタジオにお持ちになり単品正面のカットを5商品。2商品並んでいるカットを1カット。どちらも切り抜き...

more

ダイヤモンドの撮影

Category : スタジオのこと

婚約指輪の撮影です。リングを寝かせて正面やや上からの撮影です。ダイヤのきらめきを出すのは基本的に正面からライトを入れます。でもそうすると直接ライトを当てているた...

more

ペット用のアクセサリー

Category : スタジオのこと

あっという間に12月もあと2週間で終わりです。まったくもって早い一年でした。 弊社の年末撮影は25日、営業は27日までで26〜27日は大掃除となります。スタジオ...

more

CDプレーヤーの商品撮影の仕方(1)

Category : スタジオのこと

CDプレーヤーを購入しました。この製品は3年前に新製品で発売する前に広告の商品撮影をしました。遅ればせながら最近買いましたので作品撮りをしてどのように撮影をする...

more

ページトップへ