ステンレス製 鍋の撮影(3)

鍋の撮影 第三弾です。
この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。
やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を調整して撮影します。
それではライトをひとつずつつけて確認しながら説明しましょう。
天面からのライトです。
蓋のグラデーションと持ち手のハイライトの表現です。きれいに入りました。

左側面のライティングです。取っ手の下からうまく光が入りました。

右側面のライティングです。見ての通り持ち手は丸い棒状をして曲線を描いています。丸みを出すには棒に平行に光をあてて反射を拾うようにします。ただその時に蓋や側面にも光は回りますのでその部分も考慮しながらライトを組む事が必要です。

すべてのライトをつけてみましょう。いかがでしょうか。持ち手がものすごく立体感が出てます。鍋の蓋の表現も申し分ありません。トーンを調整して切り抜きましょう。
完成です。
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

その他の記事

2017年 新しい年です。

Category : スタジオのこと

新年あけましておめでとうございます。 今年も宜しくお願い致します。 本日から2017年の営業開始です。 長い冬休みをいただき、気力も万全です。 年末は恒例のスタ...

more

商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

Category : スタジオのこと

表題の通り、商品に水をかけてその動きを止める撮影です。防水製品などによく使うイメージ撮影ですね。 化粧品などにも使えますが今回は防水カメラを使って撮影してみまし...

more

おまかせ撮影と立ち会い撮影

Category : スタジオのこと

久しぶりのコメントです。実は今、私の仕事以外で撮影をした作品のホームページを新たに作っています。その作業でコメントの更新がおろそかになっていました。 さて、昨日...

more

メリークリスマス。

Category : スタジオのこと

もうすぐクリスマス。1年早いもので本年の撮影も今日が最終です。明日あさってで大掃除をして来週26日から4日まで冬休みをいただきます。 掲載のサンタルックの画像は...

more

ページトップへ