ステンレス製 鍋の撮影(3)

鍋の撮影 第三弾です。
この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。
やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を調整して撮影します。
それではライトをひとつずつつけて確認しながら説明しましょう。
天面からのライトです。
蓋のグラデーションと持ち手のハイライトの表現です。きれいに入りました。

左側面のライティングです。取っ手の下からうまく光が入りました。

右側面のライティングです。見ての通り持ち手は丸い棒状をして曲線を描いています。丸みを出すには棒に平行に光をあてて反射を拾うようにします。ただその時に蓋や側面にも光は回りますのでその部分も考慮しながらライトを組む事が必要です。

すべてのライトをつけてみましょう。いかがでしょうか。持ち手がものすごく立体感が出てます。鍋の蓋の表現も申し分ありません。トーンを調整して切り抜きましょう。
完成です。
ステンレス製 鍋の撮影(1)
ステンレス製 鍋の撮影(2)
ステンレス製 鍋の撮影(4)

その他の記事

仕事納め

Category : スタジオのこと

大掃除片付けもようやく終わりました。壁も机もきれいになり新年を迎える準備ができました。本棚を掃除していたら篠山紀信撮影のSanta Feがでてきました。20年以...

more

メイクアップポートレート撮影

Category : スタジオのこと

一週間ほど前知り合いにお願いしてポートレート撮影を行いました。 今度弊社で一般の女性の方対象の、メイクアップポートレイト撮影を行うためのテスト撮影です。 メイク...

more

スキーブーツの商品撮影と合成処理

Category : スタジオのこと

前回はブーツ右足を斜めから撮影しました。今日は左足を真横から撮影をして前回撮影した物と合成します。 前回同様わかりやすいようにひとつずつライトを作って行きましょ...

more

宣材撮影とメイクアップポートレート撮影

Category : スタジオのこと

以前にもこちらのコラムに紹介しました一般方向けのメイクアップ撮影と宣材撮影のプランを始めました。宣材撮影プランはモデルさんのコンポジ用 オーデション提出用 モデ...

more

ページトップへ