ハッセルブラッドSWC/M

ちょっと専門的な話ですが修理に出していたハッセルブラッドが帰ってきました。SWC/Mと503CWのボディーです。1月22日にお願いしましたので約20日で出来上がりました。SWC/MはCレンズの持病とも言われるシャッター幕の破損です。以前にも同じ症状で入院しており今回も同じところが壊れました。左が壊れたシャッター幕です。見事にちぎれてます。もともとシャッターのある位置が狭くて何かの拍子にレンズかシャッター幕同士干渉してこのようになるのだそうです。幸い写りに影響するような傷はレンズにつきませんでした。グリスの入れ替えも行いましたのでピント シャッター 絞りそれぞれのリングも実にスムーズな動きで完璧に仕上がりました。
503CWボディは巻き上げの引っかかりと内面のパルパスの劣化の修理です。こちらもバックシャッター部分が見違えるようにきれいになりました。
修理代金はSWC/Mが約¥80,000 503CWが約¥40,000でした。今回お願いしたのはカメラテック21さんというハッセル専門の修理屋さんです。今までいろいろな所に修理はお願いしましたが、今回二度目のお願いになりました。
ピントの渋くなっているレンズがいくつかあるので、またお願いしたいと考えています。

その他の記事

自動回転する撮影台

Category : カメラ機材のこと

商品撮影するときに撮影する商品の向きを調節するのは非常に面倒な作業です。カメラマンが一人の場合は調節しつつカメラをのぞき、ずれていれば商品のところに行って微妙に...

more

商品撮影の小物

Category : カメラ機材のこと

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか? いろいろな使い方をします。 よく...

more

カメラの修理 シャッターユニット交換

Category : カメラ機材のこと

先日使っているカメラを修理に出しました。 現在主力で使っているカメラはキヤノンの5DマークⅢと5DマークⅡ2台を使っています。前回のオーバーホールから1年が経っ...

more

包丁の撮影の仕方 商品の撮影 反射するものの撮影

Category : カメラ機材のこと

商品撮影の仕方 包丁の撮影の仕方の解説です。 金属の反射があり非常に難しい撮影対象です。 今回撮影対象に選んだ包丁はダマスカス包丁と呼ばれる文様が入っている包丁...

more

ページトップへ