化粧品のイメージ撮影の仕方

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。
撮影商品はヘチマコロンです。

この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるのではないでしょうか。

さて、それではどのように撮影しましょうか?

以前にご紹介した化粧品の撮影方法(1)では正面から撮影して商品の形状や美しさを表現しました。
今回はイメージ撮影ですので、その商品がどのように使われるのかを考えみずみずしさや明るさが伝わるように背景や光線に気を使い小物等を配置して商品を引き立てます。
イメージ撮影に入る前には撮影のイメージの方向性を決めておきます。
今回は天気の良い日の朝、お風呂上がりにヘチマコロンを使うというイメージで撮影をすることにしました。

お風呂上がりですからシチュエーションは浴室または洗面台のタイルの上がいいでしょう。
タイルはホームセンターで買ってきて撮影用にスタジオに常備しているタイルを使用します。

まずは撮影台にタイルを並べます。

それではヘチマコロンを置いて撮影してみましょう。
上からと左からライトを入れてみます。


いかがでしょうか。ビンの色は良く出ていますがちょっと透明感が足りないような気がします。
業界用語で シズル感が足りないとでも言うのでしょうか。
ライティングを変えてみましょう。

いかがでしょうか。ビンの透明感 タイルの反射 後方より光を入れて撮影してみました。
シズル感出ましたか?
ちょっとした工夫で、商品の表情はかわります。

とってもきれいに撮影出来ましたが、これだけではちょっと寂しいのでもう少し工夫して
水回りのイメージの小物を置いてみましょう。

何にしましょうか?

タオルにしてみましょう。

事務所に置いてある物でしたので、折皺がついています。

スチームをかけます。
アイロンですとプレスすることになりタオルがつぶれてふんわり感がでなくなってしまいますのでスチームを掛けた方が良いでしょう。


いかがでしょうか。左側にグリーンを入れてみました。オーソドックスな撮影ですが雰囲気は出たのではないでしょうか。

そうそう、クリームのフタが曲がってました。色の調整と画像処理して完成です。

他にも化粧品の撮影方法の説明がございます。下記よりご覧ください。
化粧品の撮影方法カテゴリー

その他の記事

ハッセルブラッドSWC/M

Category : カメラ機材のこと

ちょっと専門的な話ですが修理に出していたハッセルブラッドが帰ってきました。SWC/Mと503CWのボディーです。1月22日にお願いしましたので約20日で出来上が...

more

仕事始めです

Category : スタジオのこと

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。 今日から仕事始め28日からお休みに入り長いお正月休みになりました。今日から始動です。年末の大...

more

登録Webサイト撮影モデル募集

Category : スタジオのこと

ネットアパレル通販の撮影にご協力いただける方募集いたします。 男女 18才〜35才くらいまで  ポージングのとれる方歓迎  氏名 年齢 性別 住所 電話番号 メ...

more

ステンレス製 鍋の撮影(3)

Category : スタジオのこと

鍋の撮影 第三弾です。 この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。 やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を...

more

ページトップへ