化粧品の撮影方法(3)

次は口紅本体の撮影でまずはキャップのついたカットです。

商品はご覧のように正面が黒く縦横に模様が掘ってあります。側面は微妙に膨らんでおりトップ部分がへこんでいます。
美しい模様と微妙な側面のふくらみが見えるもっとも良い角度で撮影致します。
箱の撮影のときと同じくまわりを囲って撮影します。


そのままのライティングで撮影するとまったく質感が出ません。
これではいけません。 ここからが経験とノウハウです。工夫して質感を出します。

いかがでしょうか。これくらい黒が表現出来てロゴの部分の銀も良く判別できて 側面の曲面もきれいに出ています。
後は商品の傷の修正と切り抜きをして完成です。
とっても美しいでしょ。
コツは映り込みをきれいに段差が出ないように表現します。小さいトレペですとどうしても継ぎ目が写ってしまいうまく行かないことが多いようです。
あとはライティング。
これはうまく反射する微妙な角度を見つけます。
もしご自分で撮影してうまくいかなかったらご連絡ください。私たちにお任せください!
次回は紅の部分の撮影です。乞うご期待!

ABstudio 03-3225-5575

その他の記事

日経新聞対談撮影記事

Category : 全コメント

本日発売の日経新聞に私が撮影を担当した記事が載っています。タイヘイ株式会社の太田社長と全日本空手道連盟の笹川尭会長の対談です。...

more

化粧品の撮影 箔押しロゴの表現方法( 2 )

Category : 全コメント

前回の続きです。化粧品の真正面にある箔押し金のロゴをきれいに処理するか?です。 前回まではライティングをして商品の質感の表現を致しました。 ロゴの”...

more

ランジェリー ハウススタジオ撮影 モデル撮影

Category : スタジオのこと

ランジェリーの撮影で目黒碑文谷のハウススタジオでのモデル撮影です。モデルさんは2名。 ここのスタジオは一軒家を洋風ハウスにセットを組んだスタジオで光が良く回りま...

more

東京のスナップ撮影

Category : スナップ撮影

昨日はスタジオでの撮影は昼には終わりスタッフと昼飯を食べて日曜日なのでその後は各自解散となりました。 外は雲ひとつない気持ちのよいお天気。 スタジオのある曙橋か...

more

ページトップへ