化粧品の撮影方法(3)

次は口紅本体の撮影でまずはキャップのついたカットです。

商品はご覧のように正面が黒く縦横に模様が掘ってあります。側面は微妙に膨らんでおりトップ部分がへこんでいます。
美しい模様と微妙な側面のふくらみが見えるもっとも良い角度で撮影致します。
箱の撮影のときと同じくまわりを囲って撮影します。


そのままのライティングで撮影するとまったく質感が出ません。
これではいけません。 ここからが経験とノウハウです。工夫して質感を出します。

いかがでしょうか。これくらい黒が表現出来てロゴの部分の銀も良く判別できて 側面の曲面もきれいに出ています。
後は商品の傷の修正と切り抜きをして完成です。
とっても美しいでしょ。
コツは映り込みをきれいに段差が出ないように表現します。小さいトレペですとどうしても継ぎ目が写ってしまいうまく行かないことが多いようです。
あとはライティング。
これはうまく反射する微妙な角度を見つけます。
もしご自分で撮影してうまくいかなかったらご連絡ください。私たちにお任せください!
次回は紅の部分の撮影です。乞うご期待!

ABstudio 03-3225-5575

その他の記事

スピーカーのカタログ撮影

Category : 全コメント

有名スピーカーの撮影です。善福寺公園のそばの豪邸を借りての室内イメージ撮影を行いました。 機材の量が多いのでワンボックスカーを借りて搬入致しました。 商品のイメ...

more

箱根富士屋ホテルの撮影

Category : 全コメント

2009年3月に箱根宮ノ下にある富士屋ホテルの撮影をしました。 雑誌社からの依頼です。 本館は明治24年の竣工でその後西洋館が明治39年 花御殿が昭和11年に建...

more

カレー屋さんのメニュー撮影

Category : 全コメント

先日京成小岩のカレー屋さんでメニューの撮影をしました。 私の友人が7月18日から開店しました。私の息子の同級生のお母さんがオーナーです。 息子が保育園の時からの...

more

商品撮影の小物

Category : カメラ機材のこと

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか? いろいろな使い方をします。 よく...

more

ページトップへ