商品の質感を出すという事

今日は商品の質感を出すという事を説明したいと思います。
題材に選んだのはしゃもじ。
今のしゃもじってご飯がくっつかないようにぶつぶつがついています。
微妙に湾曲していてのせたご飯がこぼれにくくなっています。

撮影台に設置して普通に正面から光をあててみましょう。

おうとつはわかりますが絵に描いたような感じになっていて立体感に乏しいです。
商品撮影における質感とは斜めから光を当てた時に出来るハイライトと影が作り出す立体感のことです。
つまり影が出来ることによって商品の形が浮き上がってきます。
それでは斜めから光を当ててみましょう。

しゃもじの左から光をあてましたつぶつぶと湾曲した形がよくわかります。持ち手の窪みもよく出ています。
しかし質感は出ていますがコントラストがつきすぎています。ライトを増やしてシャドウを補いましょう。
先ほどの左からのライトは一旦消します。右から違うライトを入れましょう。

しゃもじの右側面を起こすように真横からいれました。なるべく表面に光が回らないようにそれでいて最初にあてたライトのシャドウに少し光が当たるようにします。
持ち手の窪みの左側にハイライトが入り しゃもじの左側も少し明るくなりました。
それでは先ほどのメインライトと一緒にライトをつけてみましょう。

いかがでしょうか。良い感じに質感が出ていますね。
最近はフォトショップの性能が上がり雑に撮影してもパソコン上でトーンカーブやコントラストを調整すればある程度の写真にはなりますが
本当の商品のもつ形や機能を表現するにはきちっとライティングをして撮影をしないと難しいです。
切り抜いて出来上がりです。

その他の記事

豊洲の20年 定点観測

Category : スナップ撮影

先日の休日にレインボ—ブリッジから豊洲まで見渡せる場所に行ってきました。この場所は1992年に最初に撮影(上の写真)してから何度か来ている場所です。その当時はま...

more

ステンレス製 鍋の撮影(3)

Category : スタジオのこと

鍋の撮影 第三弾です。 この鍋の特徴のひとつ金属の持ち手部分の撮影をしてみましょう。 やり方は前の二つのブログと変わりません。ディフューザーを使いライトの位置を...

more

台風8号

Category : 全コメント

昨日から今朝に掛けて台風がくるというので、事務所の入り口に土嚢を積みました。6〜7年ほど前にゲリラ豪雨が新宿を襲い若松河田にある女子医大の方から下水に流れないで...

more

スタジオの紹介

Category : スタジオのこと

私たちのスタジオは新宿区市谷仲之町にあります。近くには防衛省があり外苑東通りから少し入った閑静な住宅街のなかにあります。 右側が入り口です。車は1台分置くスペー...

more

ページトップへ