商品撮影で水を使い水滴の動きを止める撮影

表題の通り、商品に水をかけてその動きを止める撮影です。防水製品などによく使うイメージ撮影ですね。
化粧品などにも使えますが今回は防水カメラを使って撮影してみましょう。
カメラはオリンパスTouthというコンパクトカメラで水中カメラにもなる商品です。

最初は撮影準備から説明しましょう。
水の撮影は水の動きを止めなくてはいけませんそれにはいくつか方法があります。
撮影の技法の話になりますが
A シャッタースピードを早めて撮影をする方法
この方法は滝や川の水などをイメージして頂ければわかると思いますがシャッターを速くすれば水の動きは止める事が可能です。
ただ、スタジオ内となると速いシャッタースピードにするにはライトの光量が足りません。
難しいです。
B 業務用大型ストロボで撮影する方法
いつも弊社で使っている大型のストロボで撮影します。ストロボですので動きが止まると思われますが大型ストロボは光量が大きい分発光時間が長いのです。
速い動きのある物は止まらないのです。この方法も難しいです。
C クリップオンストロボを使って撮影する方法
一般の方が使われる一眼レフカメラの頭に付けるストロボです。このストロボは光量が少ない分発光時間が非常に短く動きを止めるには最適です。こちらを使って撮影をしましょう。


先ほども書きましたように光量が小さいストロボですので4台使いました。それぞれスタンドにスレーブ(ひとつが光るとその光に反応してストロボを発光させる装置)を付けてその上にストロボを載せます。

スレーブ


撮影台を作ります。
左から流れてきた水がカメラにあたり水がはじけるように設置します。

ガラスの板を左から右に向かって斜めに置き水が流れるようにします。
その上に乳白色のアクリル板をのせます。アクリル板だけだと柔らかいので曲がってしまうため平面を出すためにガラス板の上に乗せました。
下から光をあてて透過光で水の表情をだします。
そして真ん中にカメラを設置します。
水の勢いで商品が動いてしまうためグルーガンで盤面に固定します。

水はカメラの後ろからぶつかって 乗り越えてはじけるイメージです。少し斜めに設置しましょう。

水が流れてきても大丈夫なようにバットを置いておきます。
スタジオ内もわかりにくいですがビニールの養生シートをひいています。
水を左から流しますので樋を設置しました。この上から水をカメラに向かって流します。
ライティングは水の表情を出すには逆光が必要です。
後ろからトレペ越しのライトは商品の天面と斜め左上のアクリル板の反射を表現。
左の樋の後ろからの直ライトは商品左側の表現と水のきらめきと透明感。 
下部のアクリル越しは水の透明感の表現。
そして右前からのトレペ越しのメインライトはカメラ全面の表現をしています。
ただ、白いアクリル板の上に置いた光り物の商品は斜め上から写すと 必ず盤面が写り込みます。今回青い商品ですのでそれほど気にはなりませんが商品の色によっては色を出すのが難しい場合があります。


さあ、水を流してみましょう。
この撮影はストロボの撮影のため連写する事ができません。水を1回流すたびに1枚しか撮影出来ません。

流すたびにカメラと盤面を拭きます。

水がうまくカメラにあたりはじける瞬間を狙います。

テストしてみました。
いかがですか。うまく水の動きが止まっています。
通常最近のこのような撮影の場合は、撮影後画像処理で水のはじけた所をバランスのよい所に移動させて完成させます。
今回は作品撮影ですのであえて画像処理で手をくわえていません。
下記の動画は撮影した画像をスライドショウにしたものです。
水が次から次に来ているように見えますが先ほどもお伝えしたとおり水を1回流すたびに全体を拭いてからタイミングを見て再度何度も撮影しています。

うまく水がはじけてロゴが隠れていなく商品のカメラがよくわかるカットを選びました。


撮影後スタジオは水浸しになり後片付けが大変でした。
このようなイメージ撮影も行います。是非ご相談下さい。

その他の記事

EC アマゾンに掲載する写真の撮影の仕方教えます。

Category : スタジオのこと

ネット通販などの撮影は日頃からよく撮影をしておりますが 何年か前からお得意様から社内で撮影をするから撮影の仕方と機材を揃えるのでそのアドバイスをしてもらえないか...

more

営業方法の変化とWebによる集客

Category : スタジオのこと

弊社での撮影のお問い合わせの約70%はいつもお仕事をいただいているリピーターのお客様です。その中には毎月定期的に撮影のご依頼いただく場合もございますし 1年に1...

more

商品撮影の小物

Category : カメラ機材のこと

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか? いろいろな使い方をします。 よく...

more

大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

Category : スタジオのこと

大型の製品の撮影事例を紹介します。 大きい物の撮影になりますとスタジオに運び込むことが難しいため お客様の指定場所まで撮影機材を持参して伺うことが多いです。 撮...

more

ページトップへ