商品撮影のライティングについて。

スタジオ撮影をするとき必ず商品にさまざまな角度から光をあてて(ライティング)撮影をします。その方法も商品やお客様の使用される媒体によって変わります。
たとえばEC通販などのように、扱いがネットだけでたくさんの商品を販売用に載せたい場合等はライティングをあまり変えないで、次から次に撮影する手法がとられます。

こちらの方法ですと1時間に商品により違いはありますが20〜30商品の撮影ができます。このような撮影手法をとれるスタジオ撮影ですとワンカット何百円という料金でも仕事が成り立つのです。

 

 

しかしそのような手法のとれない撮影もあります。ライティングを工夫して商品の各面を光によって表現する撮影です。使用する媒体も商品ブランドのキーになる広告やポスターなどです。このような撮影はワンカットに2〜3時間かかる事もあり激安撮影の価格ではとても採算はとれません。
左の写真はメガネの撮影風景です。下からの光も使いたいのでガラスの板にのせています。ライトも合計5箇所から、レンズ レンズの上のフレーム パット テンプル 背景など細かく1カ所ずつ反射を確認しながらあてていきます。カメラも大型のPhase Oneデジタルカメラを使用しました。

 

 

弊社では先にお話し致しましたEC用の大量撮影も左のような精密な商品撮影も行う環境が整っております。

何かございましたらお気軽にご相談下さい。

 

 

 

その他の記事

医療器具の撮影

Category : 全コメント

ピッカピカのチタン製の器具です。大腿部の人工関節の一部だそうです。 これだけ光る物は周辺を囲って撮影しないと、まわりの物すべてが写り込んでしまいます。そしてスト...

more

自動回転する撮影台

Category : カメラ機材のこと

商品撮影するときに撮影する商品の向きを調節するのは非常に面倒な作業です。カメラマンが一人の場合は調節しつつカメラをのぞき、ずれていれば商品のところに行って微妙に...

more

スキービンディングの撮影の仕方

Category : 全コメント

以前スキーの板の撮影の解説を致しました。今回はスキーのビンディングの撮影解説を致します。 まずは板を固定します。手前から後ろにかけて撮影しますのでスキーの前方に...

more

副都心線渋谷駅構内撮影

Category : 全コメント

2008年6月に開通した副都心線の駅構内の写真です。撮影日時は2008年7月1日 出版社の依頼で撮影しました。 当時はまだ東急東横線に乗り入れてはなく5年後の2...

more

ページトップへ