商品撮影の小物

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか?
いろいろな使い方をします。
よく使うのは切り抜き前提の商品写真を撮影するときにアクリルの上に商品をのせて浮かせて切り抜きやすくするために使います。
透明ですので商品にいやな陰が出来たり映り込んだりしにくいので重宝しています。

 

 

 

 

 

特にワインボトルなどの撮影のときには周りが写ってしまうために机の上に置いて撮影はしません。写真用のしっかりした三脚に大きさの合うアクリルをのせてその上にボトルを置きます。
下の写真の赤丸がそれです。
あとはきれいにライティングをして撮影をします。

余談ですが下の写真、合成写真なのがわかりますか?
濃い色のビンの部分と金色のラベルとTopの部分を合成しています。
ビンのライティングではラベルが黒くなってしまいます。
ラベルのライティングではビンの部分が白くなってしまいます。そこで2回別々のライティングで撮影して いい所だけ合成しました。
弊社では画像処理を前提とした撮影も行っております。難しい撮影もご相談ください。

 

その他の記事

証明写真の撮影

Category : カメラ機材のこと

11月01日から新規に証明写真の撮影サービスを始めました。学生さんや転職希望の方の写真を撮影致します。私たちの行う撮影はヘアメイク付きです。 いつも広告などの撮...

more

製品 商品撮影のまとめ記事です。

Category : カメラ機材のこと

製品 商品撮影に関するブログの記事を下記にまとめました。ご覧いただけるとどのように撮影をしているか私たちの撮影に対する考え方がわかると思います。 CDプレーヤー...

more

カメラの修理 シャッターユニット交換

Category : カメラ機材のこと

先日使っているカメラを修理に出しました。 現在主力で使っているカメラはキヤノンの5DマークⅢと5DマークⅡ2台を使っています。前回のオーバーホールから1年が経っ...

more

TOKYO美術館2018〜2019 国立西洋美術館の撮影

Category : カメラ機材のこと

エイ出版社発行のTOKYO美術館2018〜2019が2月末に発行されました。この雑誌の表紙の西洋美術館は私が撮影しました。 実はこれを撮影したのは2008年でも...

more

ページトップへ