商品撮影の小物

写真のアクリルは撮影に使う小物です。東急ハンズなどに行くと素材コーナーなどで見かけますが、スタジオでは何に使うかわかりますか?
いろいろな使い方をします。
よく使うのは切り抜き前提の商品写真を撮影するときにアクリルの上に商品をのせて浮かせて切り抜きやすくするために使います。
透明ですので商品にいやな陰が出来たり映り込んだりしにくいので重宝しています。

 

 

 

 

 

特にワインボトルなどの撮影のときには周りが写ってしまうために机の上に置いて撮影はしません。写真用のしっかりした三脚に大きさの合うアクリルをのせてその上にボトルを置きます。
下の写真の赤丸がそれです。
あとはきれいにライティングをして撮影をします。

余談ですが下の写真、合成写真なのがわかりますか?
濃い色のビンの部分と金色のラベルとTopの部分を合成しています。
ビンのライティングではラベルが黒くなってしまいます。
ラベルのライティングではビンの部分が白くなってしまいます。そこで2回別々のライティングで撮影して いい所だけ合成しました。
弊社では画像処理を前提とした撮影も行っております。難しい撮影もご相談ください。

 

その他の記事

ストロボ修理

Category : カメラ機材のこと

私たちが使っている業務用のストロボは 結構頑丈で故障らしい故障はあまりありません。ですがまれにモデル撮影等で何枚も続けて発光していると、ストロボ本体が熱くなり安...

more

自動回転する撮影台

Category : カメラ機材のこと

商品撮影するときに撮影する商品の向きを調節するのは非常に面倒な作業です。カメラマンが一人の場合は調節しつつカメラをのぞき、ずれていれば商品のところに行って微妙に...

more

透明な歯ブラシの撮影の仕方(2)

Category : カメラ機材のこと

前日は透明な歯ブラシを後ろから光を入れて撮影をしましたが、もし光を入れなかったらどのような写真になるかテストしました。 まずは昨日の正解の写真です。クリックして...

more

こんにちは。ABstudio代表の柳井です。

Category : カメラ機材のこと

写真撮影業界に30年近く携わってきた私が弊社で行った撮影や、一般の方が簡単に商品撮影をするやり方やこの業界の感じた事、などを書いて行きたいと思います。 撮影の環...

more

ページトップへ