大型機器の撮影(1) ステンレス製品の撮影

大型の製品の撮影事例を紹介します。
大きい物の撮影になりますとスタジオに運び込むことが難しいため
お客様の指定場所まで撮影機材を持参して伺うことが多いです。

撮影機材の持参と言いましてもその機材の量は多く、乗用車型のワゴン車の後ろの座席を倒して
満載になるくらい機材を持ち込みます。

下記の製品は粉末や顆粒の中にあるゴミを見つける製品です。製薬会社や食品会社の製造工場などで
使われる製品です。

ご覧のように表面はステンレスでピッカピカ。鏡のように周りが写る製品で
誰もが撮影するとなると唖然とする製品です。

撮影は基本的のこの写り込んでしまうものを乳白の透過するトレッシングペーパーで囲って
写り込むのはこのトレペだけという状況を作ります。
下の画像はの製品は斜めにして撮影しています。
斜めだと反射する方向にトレペをたらせば良いのである意味楽な撮影と言えます。

それでは今度はこちらの製品を正面からの撮影ではいかがでしょうか。
実際に正面に製品を向けると私(カメラマンと三脚をつけたカメラ)がバッチリ映ります。
そのほかにも床も何もかもびっくりするぐらい映ります。

下の画像を見てください。

あれ、写っていません。
どうやったのでしょうか。

画像処理?

タネを明かすとカメラはなるべく製品から離すため90mmシフトレンズを使っていて
高さも製品より少し高くにしました。

床には大型の背景紙をひいていてカメラのそばまで引っ張り出し両端をアシスタントとデザイナーに持ってもらい
カメラの真下まで持ち上げてます。
すると床面が製品の足の部分からカメラの下まで斜めになり
白い紙が写り込むわけです。
ライティングはその床にライトをあてて面を出してあげます。

切り抜いた完成カットです。

ただしここでよく見ていただきたいのは、斜めにしてトレペを通して撮影した製品の面と
正面にして白い紙を反射させた製品の面では、ステンレスの質感の出方はあきらかに
斜めにしてトレペでライティングした方がステンレスらしさが出ています。

撮影をしていると今回の正面の撮影のようにどうしても難しくできないことが出てきます。
でも色々考えその場でできる最良の方法で撮影をすることが総合的にみて良い写真を撮る
カメラマンということなのではないでしょうか。

そのほかに撮影をした部分カットも掲載しました。

その他の記事

通販カタログ撮影

Category : スタジオのこと

先週の金曜日は通販カタログの商品撮影をしました。その中にウエストポーチの撮影がありまして商品カットと使用例をモデル撮影しました。実はこのモデル私なのです。顔が見...

more

証明写真の撮影サービスがプレジデントオンラインに掲載されました。

Category : スタジオのこと

2月19日からプレジデントオンラインにメイク付き証明写真サービスのことが掲載されました。プレジデントオンライン(http://president.jp/arti...

more

年末のご挨拶。

Category : スタジオのこと

今年も一年大変お世話になりました。商品撮影モデル撮影企業広告をご依頼いただいた方々 また証明写真の撮影にスタジオまで来て頂いた学生の方々大変お世話になりました。...

more

今日の撮影

Category : スタジオのこと

おはようございます。 今日は天気がよい(暑いですけど)ので市ヶ谷駅から歩いて会社まで来ました。靖国通りを歩いて来るのですが、防衛庁の木立と歩道の街路に挟まれた涼...

more

ページトップへ