定点観測

30年近くカメラマンをしてきましたがアシスタントカメラマンの時から東京の都市をテーマに撮影をしてきました。20代の頃はお金がなかったこともありモノクロのスナップ写真で30代になるとポジでブローニーや4×5で撮影。のちにネガフィルムで撮影をして暗室を作りカラープリントもしていました。
その撮影をした膨大なフィルムを見直してみるとこの10年〜20年でこんなに変化したのかというくらい東京は変わっています。その変化をもう一度撮影をしようと思い今日取材撮影が終わった後東京駅周辺に行ってきました。

2000年5月に撮影したものです。

駅の形が変わり後ろには何棟ものビルが建ち並んでいます。撮影するには少し時間が遅かったようで日がかげってしまいました。

1994年11月撮影です。

やはり今日撮影です。11月は日が短くてあっという間に夕方になってしまいました。条件の良い時にまた撮影します。

 

その他の記事

東京の撮影

Category : 全コメント

前回は定点観測(10年以上前に撮影した風景を同じ場所から撮影して変化を楽しむ)の話をしました。今日はスタジオでの撮影が夕方からなのでまた朝から撮影に出かけました...

more

豊洲の20年 定点観測

Category : スナップ撮影

先日の休日にレインボ—ブリッジから豊洲まで見渡せる場所に行ってきました。この場所は1992年に最初に撮影(上の写真)してから何度か来ている場所です。その当時はま...

more

新しいホームページ

Category : スナップ撮影

私にはライフワークにしている仕事があります。仕事というと大げさですが、写真を仕事にしたときから30年にわたり東京の街を撮影してきました。20代の若いときにはお金...

more

こんにちは。ABstudio代表の柳井です。

Category : カメラ機材のこと

写真撮影業界に30年近く携わってきた私が弊社で行った撮影や、一般の方が簡単に商品撮影をするやり方やこの業界の感じた事、などを書いて行きたいと思います。 撮影の環...

more

ページトップへ