文庫本の表紙写真

昨日の日経新聞の書籍広告に出ていたのですが。
作家東野圭吾氏の「ダイイングアイ」が100万部を突破したそうです。
2007年に単行本で発売して2011年に文庫本になりそれからじわじわ売り上げをのばして100万部も売れたそうです。
映画やドラマ化をしていなくてここまで売れるのは珍しいようで今販売している本の奥付を見ると26刷していました。
よほど本の内容が面白いのでしょう。
なぜこんな話をするのかというとこの文庫本の表紙の写真は私が撮影したからです。
2003年に首都高速道路をからめた都市夜景の写真の個展を銀座コダックフォトサロンで行い展示した中の一枚です。
この時はまだデジタル化はしていなくて6×6のハッセルブラッドを使いフィルムで撮影しました。
実はこの本2011年に購入してからまだ読んでいませんでした さっそくこれから読むつもりです。

本の後ろにあるカメラHasselblad SWC_Mで撮影しました。
そのほかの作品がご覧になりたい方はこちら
ご覧ください。柳井一隆個人の作品がございます。

その他の記事

2018年 新年あけましておめでとうございます。

Category : スタジオのこと

新年あけましておめでとうございます。 年末にホームページを心機一転リニューアルしました。 コラムには私たちの撮影の仕方や仕事のやり方を載せて、これから撮影をご依...

more

夏休み明けです。

Category : 全コメント

長いお休みをいただきました。おかげで家族と旅行に行ったり 夫婦で美術館に行ったりできました。20日から撮影をしておりますがまだまだスケジュールに余裕があります。...

more

日経MJに紹介されました。

Category : スタジオのこと

今朝の日経MJに私たちのヘアメイク付き証明写真サービスを紹介してもらいました。...

more

自動回転する撮影台

Category : カメラ機材のこと

商品撮影するときに撮影する商品の向きを調節するのは非常に面倒な作業です。カメラマンが一人の場合は調節しつつカメラをのぞき、ずれていれば商品のところに行って微妙に...

more

ページトップへ