緊急事態宣言に伴うビデオ会議システム利用の撮影についてです。

4月7日から緊急事態宣言が発令されてから、お話のあった撮影で延期になったものもあります。
その中でもやはり撮影しなくてはならないものもあり、送っていただいてのリモート撮影を実施しております。

 コロナ前は通常撮影数の少ないものなどはリモート撮影をご利用いただいて、撮影数の多いものやイメージ撮影などは立ち会っていただいての撮影をご利用いただくことが多かったです。

ただリモート撮影は撮影画像をpdfにしてお客様のメールにお送りしてご確認いただくという手順で カット数が多かったりライティングの違う商品があると再撮影の時にライトの組み換えが発生して効率が悪い面もありました。

今回初めての試みですが先週の撮影で ビデオ会議システムを取り入れて撮影を行いました。
お客様の会社での推奨会議システムで 弊社撮影時に使用しているモニター画面を共有して撮影をしました。
 
画面は共有ですのでリアルタイムでの撮影確認が可能で、立会い撮影とほぼ変わらず効率的に撮影ができました。
ただし弊社のモニターはモニターキャリブレーションを合わせてありますが お客様の見ているノートパソコンの液晶モニター環境では色や明暗が個々によりあっていなかったりするので、色や明るさの確認はこちらに任せていただくしかないようです。

それにしても今回どちらの企業様も必要に迫られてリモートワークを実践していますが今後はこのようなやり方ももうひとつの選択肢として普通に行われるようになるでしょうね。
実は今日も午後からビデオ会議システムを使っての撮影です。
早く収束することを願うばかりです。

その他の記事

エンディングフォト 遺影撮影

Category : スナップ撮影

半年ほど前から遺影の撮影サービスをしております。 スタジオにおいでいただいての撮影を基本的に行っておりますが出張しての撮影もお受けしております。 エンディング産...

more

壁紙の撮影

Category : スタジオのこと

就活の証明写真の学生たちの撮影も一段落しました。 先日はある壁紙製造輸入販売企業の撮影を致しました。大きさが90cm×180cmの壁紙を俯瞰で撮影しました。 約...

more

医療用品の撮影

Category : モデル撮影

10日ほど前に手術のときに着用するガウンの撮影がありました。女性のモデルさんが来て撮影しました。ご担当者の方が撮影中、弊社のアシスタントをしみじみと見て、 「L...

more

この10年の撮影の変化

Category : スタジオのこと

この10年間で どこの撮影現場でもほぼデジタルカメラによる撮影になりました。 デザイン事務所にDTPという言葉が使われ始め最初にパソコンを導入され始めたのは19...

more

ページトップへ