透明なボトルを撮影

清涼飲料水 化粧品などで透明なボトルに入っている商品はたくさんあります。それらの撮影はボトルの透明感を出さなくてはならず難易度の高い撮影のひとつです。今日はそれら商品広告として良く使われる正面からの撮影のやり方をお教えします。

商品は2リットルのミネラルウォーターのペットボトルの撮影です。透過光の撮影の中でもボトルの反射が少ないので比較的簡単です。
右の写真のように左右 天井にディフューザー(トレッシングペーパー)で囲い ライトは天と背景と左斜め上から商品に向けて光をあててます。結構大げさです。

特に背景のライトはボトルの透明感を出すのに重要でこまかく光量を調節します。

 

 

ディフューザーの中を見るとこんな感じ 完全に囲っちゃています。手前に見えるのはカメラのレンズCanon180mmマクロレンズで望遠レンズを使い歪まないように撮影します。

ペットボトルの周りには黒ケント紙で覆い 余分な光が手前にくることをおさえ ボトルのふちが少し暗くなるようにします。
それによって切りぬいて白背景に写真をのせた時、背景から分離して見えるようにするためです。

 

 

 

 

出来上がりのカットです。切り抜き前提ですので周りの黒ケント紙と一緒に撮影します。クリックすると大きくなります。

 

 

 

 

切りぬくとこんな感じになります。ボトルの透明感も出てとってもきれいですね。この撮影方法は化粧品などにも応用できて弊社では多数のクライアントさんからご利用頂いております。
撮影は随時受け付けております。ご連絡お待ちしております。

 

 

 

その他の記事

この10年の撮影の変化

Category : スタジオのこと

この10年間で どこの撮影現場でもほぼデジタルカメラによる撮影になりました。 デザイン事務所にDTPという言葉が使われ始め最初にパソコンを導入され始めたのは19...

more

化粧品のイメージ撮影の仕方

Category : スタジオのこと

今日は化粧品のイメージ撮影のやり方の解説をします。 撮影商品はヘチマコロンです。 この商品は大正時代から続くロングセラー商品、子供の頃使ったことがある方もいるの...

more

ストロボ修理

Category : カメラ機材のこと

私たちが使っている業務用のストロボは 結構頑丈で故障らしい故障はあまりありません。ですがまれにモデル撮影等で何枚も続けて発光していると、ストロボ本体が熱くなり安...

more

8月です

Category : スタジオのこと

おはようございます。 今日から8月です。毎日撮影に追われていると一ヶ月があっというまに過ぎていきます。 今年の弊社の夏休みは8月12日から17日までいただきます...

more

ページトップへ